【賃貸物件探しのコツ】アプリで探すときのメリットとデメリット

スマホとPCの写真 物件探し
この記事は約3分で読めます。

引っ越しが決まったら、まず始めるのが新居となる物件探し
物件アプリならスマホで手軽に検索ができて、とても便利ですよね!

ところがアプリはメリットばかりではありません。
そこでこれまで20回ほどの引っ越しをしてきた筆者が、スマホアプリで物件探しをする際のメリットとデメリットをあげてみました。

スポンサーリンク

アプリで探すメリット〜とにかく手軽で早い!

スマホアプリで賃貸物件を探すメリットはおもに3つあります。

【1】空き時間に物件探しができる

不動産業者へ直接出向く場合は営業時間内に行かなければなりませんが、
アプリなら24時間いつでも物件検索をすることができます。

通勤や通学、家事などの合間の空き時間にサッと探すことができ、
ご自身の都合に合わせられるというのが一番のメリットです。

【2】場所を選ばず検索できる

不動産業者を指定して探す場合は、まず直接お店まで行く必要があります。
しかしアプリでの物件探しはいつでもどこでも検索可能!

自宅はもちろん、電車の中でも探すことができるので、
わざわざお店に行く必要がありません。

【3】気になる物件を一括で問い合わせできる

アプリで気になった物件は、一括で問い合わせをすることができます。

問い合わせた物件が複数で、不動産会社が複数であっても大丈夫。
一括で問い合わせることで時短にもなります。

アプリで探すデメリット〜問い合わせ後が面倒

アプリで物件を探す場合でも、デメリットはあります。
実際に経験して感じたデメリットは次のとおりです。

【1】電話番号を入力した場合の電話対応が大変

アプリで問い合わせをする際は、名前やメールアドレスの入力は必須となります。

電話で連絡が欲しい場合は電話番号も入力しますが、これがちょっと厄介なことになる場合も。

問い合わせ後は、最短だと数分後には折り返しで電話がきます。

複数の業者に問い合わせをしていると、電話が被ってしまうなんてことも。

情報を早く知りたい場合には特に、電話が被ってしまい出られないと、
こちらから折り返しの電話をしなければなりません。

また、繁忙期ならそれほど多くはありませんが、
閑散期なら電話に出られなかった場合は何度も連絡がきます。

1日に複数の業者から立て続けにかかってくることもあるなど、
普段電話に慣れた人でも対応に疲れてしまうかもしれません。

【2】どの物件をどの不動産会社に問い合わせたかわからなくなる

アプリは複数の物件を一括で問い合わせができることがメリットですが、
情報の管理が苦手な方は「あれ?この物件はどこの業者だったかな?」と、
訳がわからなくなってしまうこともあります。

情報を整理するためにも、どの物件をどの業者に問い合わせたのかというメモがあると、
問い合わせた後もスムーズかと思います。

 

実際たくさん問い合わせをしすぎて、わからなくなってしまったことがありました。

 

まとめ〜アプリの物件問い合わせはメール返答がおすすめ

スマホアプリでの物件探しはとても便利でメリットも多いですが、デメリットもあります。

個人的には、アプリで一括問い合わせの際にはまず、連絡をメールのみにするのがおすすめです。

メールなら忙しくて電話に出られない、スマホを見られないときでも、
時間が空いたときに確認できます。

業者とメールのやり取りをしたあと、早く知りたいこと、
よりくわしく知りたいことがある場合は、返信メールに電話番号を記載して、
電話連絡を希望する旨を伝えれば、必ず電話をくれます。

もちろんメールのみでのやりとりも可能です。
ご自身に合った探し方で、良い物件を見つけてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました