イエレビ

転勤族の引っ越し・マイホーム購入ブログ

【賃貸物件探しのコツ】入居可能日によっては入居日の交渉が必須

物件の契約のとき、決めなければならないのが入居日

希望する入居日と物件の入居可能日がピッタリと合えばいいのですが、希望どおりにいかない場合も少なくありません。

この記事では、

  • 入居可能日の重要度
  • 入居日が少し先になるときは?
  • 人気物件は早い者勝ち
  • 初期費用を抑えるコツ

などをご紹介しています。

物件探しは入居可能日もチェックする

賃貸物件を探すときは立地や間取りなどを重視するのが一般的。

ところが自分にとっていい物件に出会っても、場合によっては入居できるのがかなり先になるということも考えられます。

そのため物件を探すときは、いつから入居できるのかという入居可能日を必ずチェックしましょう。

即入居可能でも、都合で入居の日程がかなり後になってしまう場合

物件にはかならず、入居可能日の記載欄があります。
見た物件がすでに空室で即入居可能だと、ちょっと注意が必要です。

なぜかというと、空室であれば契約以降は家賃の発生を待ってくれない場合もあります。

たとえば1か月後に入居予定の物件を契約した場合、即入居可能の物件であれば、家賃がすぐに発生してしまう可能性があります。

そうなると、当然ながらまだ住んでいない1か月分の家賃を払わなくてはならないのです。

ただし、即入居可能でも家賃の発生を入居日まで延ばしてくれる場合もあります。

家賃発生を延ばせるかどうかは、不動産業者に相談してみるとよいでしょう。

特にシーズンオフの時期なら、検討してもらえる場合もあります。

繁忙期の引っ越しシーズンでも、入居日まで家賃発生がない、いわゆるフリーレントで家賃が1か月無料などといったキャンペーンがある場合も。

即入居可能な物件を契約するときは、ひとまず入居日まで家賃発生を延ばすことができるかどうか、不動産業者の方へ相談してみてください。

人気物件は空きが出てもすぐに申し込みが入る

人気の賃貸物件で空きが出た!と思って連絡したら、すでに申し込みが入っていたという経験をされた方もいるのではないでしょうか。

物件に空きが出て、住人が引っ越したあとに内見がしたいと思っても、人気の物件だと、募集情報が出たらすぐ申し込みが入ってしまうということも考えられます。

春先の引っ越しシーズンだと、なおさら動きは早いです。

内見してから決めたいという方もいるかと思いますが、引っ越しシーズンは特に早い者勝ちだと覚えておきましょう。

初期費用を抑えるなら、入居日と入居可能日のバランスを重視

賃貸物件を借りるときは、初期費用をなるべく少なく済ませたいというのはだれもが思うことです。

たとえば2月初めに物件を探して3月初めに引っ越しをしたいとき。

即入居可能な物件だと、家賃の発生を延ばせても半月分が限界でしょう。

ところが3月初めに入居可能になる物件だと、家賃の発生も入居日の3月初めから。

即入居可能な物件とちがって、まだ住んでいないのに家賃が余計に発生してしまうということがありません。

このように、入居可能日と入居希望日のバランスが、初期費用を抑える重要なポイントになります。

両方のバランスが取れれば費用も少なく済むので、間取りや立地などの条件だけでなく、入居可能日もしっかりチェックしてみてくださいね。