イエレビ

転勤族の引っ越し・マイホーム購入ブログ

【40代のマンション購入記⑤】購入予算はこれでいい?リセールは気にする?

モデルルーム訪問も4軒目

不動産屋さんとのやりとりも、慣れてきてしまいました。

こうなったらとことん見に行こう!と今までノータッチだった、
唯一徒歩圏内にある、新築マンションのモデルルームへ行きました。

 

★マンション購入記を最初から読む方はこちら↓

moving.shuka-notebook.com

 

駅から10分の人気エリア〜高いのは当然か

4軒目は、住んでいた場所から徒歩で行ける距離にあった新築マンションD。

立地は駅徒歩10分、市内では人気で土地も高いと言われるエリアでした。

とはいえ線路沿い。

人気とはいえ線路を越えるだけで価格はグッと安くなるくらいの、ギリギリの立地なので、
そこまで高くないのかな〜?と思いながら、モデルルームを見学しました。

小規模ではあるものの、高級感たっぷりな感じ。

ただ間取りはちょっと小さめで68㎡くらい。

角部屋は窓がステキな感じでした。

 

が…今まで見た中で一番高い!
6,000万円超えでした。

たしかに、価格が下がりにくいと言われる駅徒歩10分ギリギリ圏内、人気のエリア。

だけど…いやぁ高いなぁ。

我が家はそのとき、リセールとか資産価値を気にしていたところがあったので、かなり営業さんから言われたんですよ。

というか、営業さんがかなり自信ありげで。

「ここはエリア的にもいいし、立地もいいからリセールバリューもいいですよ」

「年収的に全然買えますよ」

って。

鼻息荒めな感じで。

 

営業さんとの相性も大事だなって思わされた

ほんっとうにグイグイな営業さんで、個人的にはちょっと苦手…高圧的な感じすら。

ここを買えない人は来ないでねって感じ。

 

前回のモデルルーム見学ですごくいい営業さんだったから、
余計に「あぁ、この人はムリだ…たぶん客をお金としか見てないなぁ」って思ってしまって。

おまけにこれまで見た他社の物件を引き合いにして、
「そことうちを比べられたら困りますわ〜
そもそもグレードがちがうんですよ〜」なんて。

「はぁ…」

 

一瞬でも「え?このくらいの価格でも買えちゃう?」と思った私がバカでした。

ここも、買わず。

 

リセールバリューを気にするべきなのか

昔は家を買うなんて、一生に一度の大きな買い物だったけど、
今は買い替えする人も少なくない。

だからこそ、リセールバリューとか、資産価値を気にする…。

我が家も、万が一住み替えするときのことも考えて家探しをしていました。

やっぱり売ったときに残債割れすることは避けたい。

リスクはできるだけ少ない方がいい。

それは誰しも思うことだなぁ、と。

 

予算内で買える新築マンションで、ここだ!という物件に出会えないのは諦めるべきなのか。

ちょっとオーバーでも手に入れるべきか。
どうするのがいいのか。

そこまでリセールを気にした方がいいのか。

Dを見たときにわからなくなってしまいました。

少なくとも私は、Dはリセールの面で良いとは思わなかったから…。

 

ちなみに、Dは完成して入居済みですが、まだ販売中。

小規模でまだ完売しないとなると、やはり我が家と同じように価格がネックになっているのかなぁーと。

あとは、営業さんの質、大事です。